北海道では「春一番」ではなく「雨一番」?雨一番とは?

      2016/02/23

0008

 

先日、グッと気温が上がり「春一番」のお知らせがありましたね。

【春一番とは】

例年2月から3月の半ば、立春から春分の間に、
その年に初めて吹く南寄り(東南東から西南西)の強い風。

春一番が吹いた翌日は大体冬型の気圧配置になるので体感的には「つかの間の春」といった気分になりますよね。

 

そんな季節の移ろいを感じる自然現象「春一番」ですが、なんでも北海道では「春一番がない?」なんて話を耳にしました。

0007

 

雨一番とは?

いろいろ調べてみると北海道に「春一番がない」というわけでもなさそうですね;

ただ、「雨一番」は「春一番」の代わりに使われる言葉という訳ではなく

「立春後、初めてみぞれやあられ、雪などが混じらないで降る雨」

の事を雨一番と呼ぶそうです。

 

北海道の方々は2月に降る雨で「春近し」と感じるんですね。

余談ですが、私も雪国の人間なのでよくわかりますが

「雪が積もっている状態で降る雨」

これってもの凄いストレスなんですよね><;

 

車はよりハンドル操作が困難になり、歩行者も足元がぐちゃぐちゃで歩きにくくなります。

自転車は・・・無理です(笑)

 

これは雪が多ければ多いほど深刻な状況を生み出してしまうので北海道で雨一番が降ったときは相当大変なんだろうな・・・と勝手に妄想してしまいます。

 

厳しい冬もあと少し!

春が待ち遠しいですね♪

スポンサードリンク

 - 雑学 , ,