「いばらキッス」という希少イチゴが密かにブーム?価格は?入手方法は?イチゴ狩りも?

      2016/03/01

011

 

あなたは「いばらキッス」という品種のイチゴをご存じですか?

今回はこの珠玉の品種「いばらキッス」をご紹介します☆

 

 

いばらキッスの特徴は?

 

012

今から6年前の平成22年に茨城県で誕生した新品種。

糖度が非常に高く、酸味とのバランスが良くジューシーな品種です。

 

まあ、ネーミングからわかっちゃいましたが茨城県の品種なんですね(笑)

 

いばらキッス誕生までの経緯は?

 

014

平成9年に「レッドパール」と「章姫(あきひめ)」を交配し数年間選定を続け、親品種である「ひたち1号」が誕生しました。

その「ひたち1号」と「とちおとめ」をさらに交配し様々な品質評価を続け「生研9号」として選抜。

その後適応性検定で有望と認められ「ひたち4号」として試作が続けられました。

収量や食味など様々な品質が優れるところから平成22年に「いばらキッス」として新品種が誕生しました。

 

最初の交配から実に13年の年月をかけ、大切に大切に育てられた品種なんですね。

きっと気の遠くなるような試行錯誤があったんだと思うと感慨深いものがありますね。

 

「いばらキッス」気になるお値段は?

 

気になるお値段は・・・

 

013

600g(12~14粒)で1,000円前後で売られています。

一粒80円くらいですから・・・高いですが、驚くほどの高値ではないですね^^;

 

都内でも手に入る?

 

茨城県の地場ものですから当然茨城県内のスーパーや直売所等で販売されているようですがそれ以外ではどうなんでしょう?

 

調べてみると

 

東京都大田区「水かんフルーツ」

東京ミッドタウン内「プレッセプレミアム」

横浜「ヤマナカヤフルーツ」

 

でも購入できるようです!

ただ、まだまだ市場に出回る量は少なく「希少」な品種なので確実に手に入るかどうかはクエスチョンですね。

 

 

また、茨城県にはいちご狩りができる農園が無数にあるので是非、現地でもぎたてのいばらキッスを味わってみたいものですね^^

スポンサードリンク

 - 雑学 , ,