ロキソニンの重大な副作用に項目追加、大腸閉塞、最悪の場合死も?浮腫み、眠気、蕁麻疹だけではない!

   

10101
鎮痛剤として最もメジャーな薬「ロキソニン」
皆さんの中にもちょっと頭が痛かったり、歯が痛かったり、または生理痛の時だったり日常的に服用する「常備薬」の方もいるのではないでしょうか?
二日酔いの頭痛でも飲む人いますよね?

まるでラムネのように飲んでいる人もいますよね(笑)

今回、厚生労働省より、この「ロキソニン」の使用上の注意の「重大な副作用」の項目に
「小腸・大腸の潰瘍に伴い、狭窄・閉塞があらわれることがあるので、観察を十分に行い、悪心・嘔吐、腹痛、腹部膨満等の症状が認められた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行う」などと追記するよう求められています。

 

 

ロキソニン(成分:ロキソプロフェン)の重大な副作用

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60mgなど)の使用上の注意について、厚生労働省が「重大な副作用」の項目に「小腸・大腸の狭窄・閉塞」を追記するよう指示を出したと発表した。(yahooニュースより)

ロキソニンの重大な副作用として現在表記されているものだけでもこれだけあります。

  • ショック、アナフィラキシー様症状
  • 無類粒球病、溶血性貧血、白血球減少、血小板減少
  • 中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群
  • 急性腎不全、ネフローゼ症候群、間質性腎炎
  • うっ血性心不全
  • 間質性肺炎
  • 消化管出血
  • 消化管穿孔
  • 小腸、大腸の狭窄、閉塞
  • 肝機能障害、黄疸

こうやって見てみると恐ろしいですね・・・笑
薬を飲むにあたって、副作用などのリスクがあるのは誰もが理解しているはずなのですがあまりちゃんと表記を見た事なんてないですよね。

案外どの薬にもちゃんと読めばそれなりに恐ろしい事は書いてあります(笑)

私の周りにもロキソニンを飲んで呼吸困難になったり蕁麻疹が出たりなんて話も聞いたことがあります。
まあ副作用と言えば副作用なんでしょうけど単にロキソニンが合わなかっただけみたいですが。

副作用として代表的な『胃痛』を回避する方法

ロキソニンの副作用として代表的なのに「胃痛」がありますよね。
病院でロキソニンを処方された際に「ムコスタ」という薬を一緒に処方された方は多いのでは?

このムコスタというお薬は胃の粘膜を丈夫にするお薬で、胃炎や胃潰瘍の治療にも使われるお薬です。
ロキソニンの胃腸の副作用の予防目的であることがほとんどです。

aaa
しかしこの「ムコスタ」は薬局等では手に入りません。
市販薬ですと「セルベール」などでも代用可能です。

また、他にも

  • 牛乳を飲む(居に粘膜をはる)
  • なるべく食後に服用する
  • 多めの水で服用する

などの方法で胃へのダメージを和らげることができます。

どうでもいい雑学

ロキソニンと同じく、鎮痛剤として有名なお薬で「バファリン」がありますが、バファリンの成分はロキソプロフェンではなく「アスピリン」です。
アスピリンも同様に胃痛等の副作用の可能性があるお薬ですが、

誰でも一度は聞いたことがあるフレーズ


「バファリンの半分は優しさでできています」

薬剤師の友人から聞いた話なのですがバファリンの半分は優しさではなく・・・

胃薬です(๑°⌓°๑)笑

 

おしまい

普段何気なく飲んでいる薬もこういった目線で見るとやはりそれなりに「怖いもの」でもあるのは事実です。
「正しい知識」をしっかり身につけて安心して服用したいものですね。

スポンサードリンク

 - ニュース, 雑学 , ,