ガリガリ君、25年ぶりの値上げの意外な理由とは?

   

1

誰もが知っているおなじみのアイス。
赤城乳業が製造販売する「ガリガリ君」が25年ぶりに値上げをするという悲報が聞こえてきました。

しかしその値上げの「理由」が意外な理由という事でネット上で話題を呼んでいます。

 

 

いつから?いくら上がるの?

赤城乳業の発表によると

4月出荷分より、60円から70円

に値上げするようです。

1981年に誕生したガリガリ君。
当時の価格は50円で、1991年に60円へ改定して以来現在まで25年間価格は据え置きでした。
消費税が無い時代は100円のお小遣いで二つ買えたのが懐かしいですね^^;

ガリガリ君以外の一部のアイスクリーム商品も10~30円値上げするそうです。

「世界的な食品需要の変化や、物流費の高位安定、原材料やスティックなど包装資材の需給逼迫と価格高騰、
加えて人手不足による人件費高騰も顕著で、既に自社企業努力でのコスト削減が可能な限界を超えてきております」

と、値上げの経緯を説明し、今回値上げに踏み切ったようですが、その理由としては実は「意外」な理由がありました。

 

意外な値上げの理由とは?

未だ好景気とは言えないこのご時世、原材料の高騰や利益幅の見直しなどが主な値上げの原因な事はわかるのですが、
その原材料の中にはもちろん「スティック(木の棒)」も含まれています。

前置きが長くなりましたが今回の値上げの主な原因は

木の棒

だそうです(´・_・`)

意外な理由にネット上では驚きの声が相次いでいますが、今まで様々な企業努力で価格を抑えてきた同商品、
「値段が上がっても買うよ!」などといった暖かい声が非常に多くあがっており、いかにみんなに愛されてきたアイスかがわかりますね^^

 

ガリガリ君に関する「余談」

ガリガリ君のファンなら誰でも知っているとは思いますが、ガリガリ君は『当たり付き』です。
木の棒に焼印で「当たり」がついているかどうか・・・食べながらちょっぴりドキドキしたもんですよね。

その『当たり』、子供の頃「やたらと当たるなぁ」と感じた事はありませんか?
恐らく「一回か二回しか当たった事ない!」なんて人はいないんじゃないかってくらいに当たりが出た記憶があります。

気になって調べてみたのですが公式なコメントを見つけました!コメントによると

『ガリガリ君の当たりの確率は、景表法という法律に則って、公正に調節致しております。具体的な確率については、申し上げられませんが、その範囲内で還元させて頂いております』

との事で、一部では2%なんて言われているそうです。

2%・・・!?

そんな事ないとは思うんだけどなぁ・・・(´・-・。)

以上、どうでもいい余談でした(笑)

 

おしまい

私も昔からガリガリ君の大ファンで「アイス買いに行くけどなにがいい」なんて聞かれたら未だに迷わず「ガリガリ君」って言います(笑)
ちなみに「梨」が一番好きです(`・ω・´)

アイスって清涼感あるのになぜか喉が渇くものが多くて食べ終わった後に何か飲みたくなりません?
で、ジュースかなんか飲んでお腹壊すという野田的テンプレ・・・笑

ガリガリ君はそれがないので私は大好きです^^

スポンサードリンク

 - ニュース ,