成宮寛貴に新たな疑惑、グレート・サスケ氏のブログの意味とは?

   

2
フライデー報道によるコカイン使用疑惑、それをうけての引退騒動と今、世間を賑わせている成宮寛貴(34)に新たな疑惑が浮上した。
疑惑の発端はプロレスラーで元岩手県議のザ・グレート・サスケ氏(47)のブログに綴られた内容だ。

グレート・サスケ氏のブログに綴られた内容とは?

1

プロレスラーで元岩手県議のザ・グレート・サスケ氏(47)が今回の騒動を受けて12月11日、自身のブログで突如、成宮氏に対する意味深とも取れる記事を更新した。

記事の内容はこうだ

引退する成宮さんへ その幕の引き方じゃぁ我々家族は逆に許しませんよ。10年程前に愚息があなたから受けたハラスメントが真実だったって認める事になっちゃうじゃないですか?

短い文章だが露骨なまでの怒りを感じ取れる記事。
記事によると10年ほど前にサスケ氏の息子が成宮氏によりなんらかのハラスメント行為を受けていたことが伺える。

サスケ氏の息子と成宮氏の間に起きた「ハラスメント」とは一体なんなんだろうか?

 

10年前に起きた衝撃の「ハラスメント行為」とは?

ブログに綴られた「ハラスメント行為」についてグレート・サスケ氏は週刊誌の取材で重い口を開いた。

その内容はサスケ氏の息子が高校一年生の時に遡る。
当時モデルを始めたばかりの彼に対し、成宮氏は「無理矢理肉体関係を求めた」という衝撃の事実である。
「一億円あげるから俺と寝てくれ」と迫られたと語っている。

それを息子から聞いたサスケ氏は成宮氏がゲイだという事を知らなかったし、半信半疑という事もあって100%信じきれない状態で当時、抗議という行動には至らなかった。

成宮氏は先日の引退表明FAXにより事実上のカミングアウトをした、それを受けサスケ氏は10年以上にわたり蓋をしていた感情が爆発してしまったと語った。

事務所会長は激怒?所属事務所はサスケ氏への取材を断っていた?

サスケが意味深なブログの投稿をして以来、所属事務所の、アルファ・ジャパンプロモーションにはマスコミ各社からサスケへの取材依頼が殺到した。
会社としてはその全てを断っていたとのことだが、事務所を通さずサスケに直接取材を敢行したのが、週刊文春と週刊新潮だというのだ。

荒井会長は自身のブログに12月14日付で「最低な週刊誌2社」という投稿をしており、その中で「両社とも事務所を通しての依頼は断った」と記述している。

おそらくその後、サスケ個人に交渉を試みたと思われるが、所属事務所としては立場が無くなるやり方だと言わざるを得ない。

勝手に取材を受けるサスケもどうかと思うが、どうやら週刊文春、週刊新潮ともに12月15日発売号にその内容が掲載されるようだ。

 

以前からあった成宮氏の「ゲイ疑惑」、このサスケ氏の話が真実ならもう否定はできないという事になるが、所属事務所を度外視してまで取材に応じたサスケ氏、ルールを無視し直接取材を行なった2誌に対しても厳しい目を向けられるだろう。

スポンサードリンク

 - ニュース , ,