玉置浩二さん、憩室炎(けいしつえん)で緊急入院。一か月間の休養へ。憩室炎とは?

   

1

歌手の玉置浩二さんが憩室炎のため緊急入院、約1カ月間の休養に入ったことを公式サイトで発表しました。

4月下旬より突然の高熱と腹痛に見舞われ医療機関を受診。
以前から患っていた大腸憩室に細菌性の炎症を起こしていることが判明しました。
現在入院し、抗生剤の点滴等で加療しており、症状は快方に向かいつつあるといいます。

今月12日から27日にかけて各所で行われる予定だった計5公演は中止、
6月2日にBunkamuraオーチャードホールで行われる公演で復帰予定となっています。

憩室炎(けいしつえん)とは?

kkk【出典】http://blogs.yahoo.co.jp/ewsnoopy/40894093.html

憩室(けいしつ)は大腸の壁の一部がそとへ袋状に飛び出しているもの。
普通は無症状で大腸検査で偶然発見されることも多く、無症状の人は治療の必要はない。

しかし、便がつまったりして炎症を起こすと(大腸憩室炎)腹痛や発熱、下血をきたし、ごく稀に急に大出血しショック状態になるケースもある。

憩室には先天的なものと後天的なものがあり、ほとんどは後天性。
食事の欧米化が原因の一つで、最近増えて生きている病気である。

憩室炎の症状としては、微熱、下腹部痛、圧痛や、下血・血便、便秘、腹部膨満感といったものがある。

大腸憩室炎は、約25%の確率で再発する。
また、中年~高齢者と、普段から便秘気味な人によく発症し、予防としては便秘を予防する事しかない。

スポンサードリンク

 - ニュース, 芸能・TV , ,